読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うちの旦那はオネエさま

地方在住、ホモのひとりごと

新潟県三条市・西川重則市議「おかまに行政支援は不要」

新潟県三条市議会3月定例会の市民福祉常任委員会で、自民党三条支部長を務める西川重則市議(66)=自民クラブ=が、地元コミュニティーFM局の男性パーソナリティーについて「おかまと聞いている。行政が支援することはないのではないか」などと発言した。

西川市議はその後、不適切だったとして撤回。議事録から削除されることとなった。  

委員会は10日にあり、西川市議は、市が2016年度一般会計当初予算案に計上した燕三条エフエム放送(燕市)への番組制作委託料約286万円に関して質問する中で、番組を担当予定で「おねえキャラ」として人気のさとちんさんについて発言した。

委託料は、市が開設する交流広場「ステージえんがわ」の集客を目的に、広場で生放送される番組に使われる。市はこれまでも、同社に行政情報番組の制作業務や、緊急告知FMラジオの設置業務などでも委託料を払い、さとちんさんも同社の番組に出演していた。

西川市議によると、委員会で「同社に支払うお金が年々増えるとしたら問題では」と考え質問したが、後で15年度も同じ目的の番組制作委託料として300万円の予算が計上されていることを知り、11日に発言を撤回したという。《朝日新聞

 

f:id:gayyanenn:20160316122245j:plain

 

「オカマに行政支援など要らぬ」

うん、うん、それ、大賛成。

そんなのいらなーい。

支援必要なほど苦労してないし、

そんなお金があったら本当に苦労かけてる方にまわしてあげて。

 

でもちょっと「オカマ」を馬鹿にしてるのかな。

何ならこちらの世界、教えてあげましょうか?

案外夢中になったりしてねー♪♪

 

あ、でも私は無理。あなたには指一本さわれない。

でもね、ホモの世界って本当に色んな子がいてね、

あなたみたいなオジサマが好きって子もいるのよ。

ただ、私、

この記事読んだ時点でね、別に差別発言でも何でもないと思っていたの。

ところが地元紙にはこの発言内容がもう少し細かくのってたわ。

「オカマと聞いている。社会常識からして、正常な形でない人を支援する必要はないのでないか。人の趣味、趣向など何をやってもいいのだろうが、行政が支援することはないのでないか」《三條新聞》

あれ、朝日新聞さん、

かなり肝心な部分が抜けてない???

 

「社会常識からして、正常な形でない人を支援する必要はないのでないか」

 

朝日新聞さん、この一言が一番重要じゃないの。

 

それにしてもすごいねー、西川重則さん。

市民を「正常な形でない」と議会で述べる勇気に感動しちゃった。

 

それにしても何でラジオ局に対する答弁で

特定のパーソナリティについて述べたのか、

私にはさっぱり分からないンですけど。

 

このパーソナリティが社長でもやってるなら

「オカマがやってる会社になんか金だすか!!!」

っていう気持ちになるンだろうけど。

 

すんごい謎だけど、

まあはっきり分かったのはね、

あなたが単なる

クサレアンポンタンだということ♪♪

 

以前の海老名市議さんの発言とか

新潟だとニュースで流れなかったのかな?

知ってて発言したならよっぽど学習能力なしよね。

今までなら三条市の実力者だったかもしれないけれど、

これで名前も一気に全国区ね!素敵!!!

 

それにしても三条市の西川重則議員さん、

よっぽど普段から「さとちん」さんを気持ち悪いって思ってたンだろうね。

いつか言ってやろう、いつか言ってやろう、

そう思ってたんだろうね。

 

「我が三条市にこんなオカマはいらねぇ!!」ってね。

 

ねえねえ、三条市議の西川重則さん、教えて、教えて、

正常な形ってどんな形??????

有名人になった気分はどう????

 

つーか発言撤回するくらいなら最初っから言うなつうの。

その発言、そのまま返したるわ。

 

ま、とりあえずここまでは「オネェ」的に書いてみました。

書き慣れないからしんどいわ(笑)

広告

 

で、こちらが「正常じゃない」と言われてしまった

燕三条エフエム放送の「さとちん」さん。

f:id:gayyanenn:20160316124308j:plain

http://www.heart768.com/

 

この方に限らずなんですが、

よくテレビで見るタレントさんにも

いわゆる「オカマキャラ」「オネエキャラ」の方って大勢います。

でも実際にホモであったりバイセクシュアルである方って、

どれくらいいるのかなって思う。

 

実は「ノンケ」だけど、

単なる芸風として「オカマ」や「オネエ」を演じてるなら、

そちらの方が問題ではなかろうかとたびたび思います。

 

実際に日本において殆どの方がホモといえば、

こういったキャラクターの方を想像されるのではないでしょうか。

 

無論、テレビ局は「面白い」とか「鋭い目線」を持ってるとか、

そんな理由で彼らを使うのでしょうが、

彼らの存在が日本人のもつ「ゲイ」の印象作りに

多いに関わっているのは間違いないと思う。

 

だからこそ「まわりにいない」と思ってしまう。

 

ま、実際に普段はオネェ言葉を使わないホモだって、

仲間で集まればオネェキャラになっちゃう方もいます。

うちの旦那なんかもそうですが、

会社でバレてないのが不思議なくらい(笑)

 

だから、まだ本物のホモがオネェキャラでテレビに出てるなら

まだ納得できるのですが、

ホモであることを公表もせず、

テレビでオネェ言葉で喋ってる方は正直言って腹立たしいです。

 

「おまえコッチか」

「違いますー!!」

 

笑いをとるために「オカマ」を演じているのなら、

彼らこそが「ホモ」=「気持ち悪い」なんていう

イメージを作り出している戦犯に間違いありません。

 

いくらネットの時代だからといっても、

テレビの影響力って何だかんだで絶大だと思う。

オネェキャラで売ってる方を否定するつもりはないけれど、

あなたがたがテレビに出てることによって

偏見や差別発言が生まれるってことも自覚しといて欲しいと思う。

 

あなた方はそれで金儲けをしているのだろうけど、

フツーのホモにとってははっきりいって迷惑以外の何物でもない。

 

テレビ局も市議の発言を「差別発言」なんて報道する前に、

普段から自分たちが何を放送してるか、

冷静に考えてみなって。

 

差別発言を生み出した要因なんて

テレビ局が視聴率のためにくだらん番組を放送し続けた結果だよ。

「ホモ=おかま=気持ち悪い」は

テレビ局が創りだしたイメージにすぎないンだ。

 

あんたらが作り、放送した番組が

いかれあんぽんたんなジジィを量産するンだよ。

ほんといい加減にしろ、つうの。

広告