うちの旦那はオネエさま

地方在住、ホモのひとりごと

ホモとオネエの幾つかの週末点描

お詫び

平成29年9月28日(木)に放送した「とんねるずのみなさんのおかげでした30周年記念SP」において、出演者が「保毛尾田保毛男(ほもおだほもお)」というキャラクターに扮して出演致しました。しかしながら番組の放送に伴い、このキャラクターに関して沢山の抗議を頂戴しました。

番組は、LGBT性的少数者の方々を揶揄する意図を持って制作はしておりませんでしたが、「ホモ」という言葉は男性同性愛者に対する蔑称であるとのご指摘を頂きました。そのような単語を安易に使用し、男性同性愛者を嘲笑すると誤解されかねない表現をしたことで、性的少数者の方々をはじめ沢山の視聴者の皆様がご不快になったことに関して、深くお詫び致します。

たこのキャラクターが長年に渡り与えていた印象、子供たちへの影響、およびLGBT等をとりまく制度改正や社会状況について私共の認識が極めて不十分であったことを深く反省しております。

今回頂戴した様々なお叱りやご意見を真摯に受け止め、多様性(ダイバーシティ)のある社会の実現のために正しい知識を身に着け、より良い番組作りを進めて参りたいと考えております。 以上

http://www.fujitv.co.jp/minasan/index.html

 

フジテレビって、偏向報道に対する抗議には謝罪しないのに、

こういった抗議には謝罪するのね(笑)

 

これについて、石川大我氏や駒崎弘樹氏が喜んで報告

 

 

今回の一連の騒動で、

恐らく大多数の方は「LGBTってめんどくさい」そんな思いを抱かれたのではなかろうか

当事者である私ですらそう思う(笑)

 

この一連の流れを報道したマスコミ各社も、

「批判した」という活動家の意見は取り上げるが、

「面白かった」「活動家はやりすぎ」といった当事者の意見は一切取り上げない

これまた偏向報道といえるもので、

1社くらいはふつーのホモの意見も聞けばいいのにね(涙)

 

今回クレームをつけてた活動家の連中は、

当事者の代表でも何でもない

勝手に代表ヅラしてるだけなのにさ

 

抗議すればテレビやマスコミに取り上げてもらえ、知名度アップ

「私たちは弱者だ」「差別を受けている」「正しい知識を」

とちゃらんぽらんなことを言って各地で講演活動やって金稼ぎ

私にはとても彼ら(彼女たち)に正しい知識があるとは思えない

 

本当に彼ら(彼女たち)が当事者たちのために活動してるなら、

「みんな苦しんだ時代もあるけれど、実際はこんな楽しい世界なんだよ」

と悩める世代に教えてあげたり、

「誤解を招く屋外や公共の場でのハッテン行為はやめようよ」

と当事者たちに身を律するメッセージを発することが必要だと思うのよな

 

でも、そういったことは一切やらず、

当事者に対して

「カミングアウトをしましょう」「誰もがカミングアウトできる社会に」だの訳の分からぬことを言ってプレッシャーをかけ、

「私たちは不幸な人間である」「ありのままに」「自分らしく」と呪文のように言い続け、悩める当事者たちを洗脳し続けている

 

テレビ番組なんて賛否両論あって当然のこと

「髪が薄い」ネタで傷つく人もいる

「太っている」ネタで傷つく人もいる

「背が低い」ネタで傷つく人いる

こんなのを全部封印しちゃえば、今後バラエティー番組なんて成り立たない

 

活動家というクレーマーの脅しに屈するくらいなら、

フジテレビは放送免許を返上した方がよろしいかと思われる

  

広告

 

 

ちょいと前の週末、

私と旦那は刑務所の矯正展、というのに行った

受刑者の方々の作業製品を販売してたりする催しだ

 

この催しの中で、興味深かったのが「刑務所内の見学」だった

まさに「塀の中」へ足を踏み入れることになる

その大半は「工場見学」だったのだけど、

「非常に手厚く更生の手伝いをしているのだなあ」

と言うのが正直な感想

 

で、途中で刑務所の食事を展示している場所があった

それを見た旦那が一言

「うちよりいいもん食べてるね」

「・・・・」

 

一週間前の週末、私と旦那は上京し、

国会議事堂の見学に行った

 

受付すませて中へ足を踏み入れると、

まあ、息を呑むほどに素晴らしい建物である

本会議場も見せてもらえた

 

私たちが行ったのは衆議院の方で、トータル40分弱ほどの見学だったけど、

無料で見学できるし、

東京にお住まいの方なら、

また東京へ行かれる用事があるなら、

是非一度足を運んでほしいものだ

 

もうすぐ選挙があるけれど、

「誰がこの場にふさわしいのか」

そんなことを考えるきっかけになると思う

 

見学を終えて駅へ向かう途中、

「案内してくれた衛視さん、可愛かったなあ。キリッとしてて筋肉質っぽくって、クラクラしたわ」

と私は言った

「どうせ私は可愛くもないガリのオネエですよ!」

と旦那は言った

 

この週末、私と旦那はゲイバー主催のバーベキュー大会に行った

参加者は50人ほどいたのかな

 

50人ものホモが一同に集まれば、

それはどんなおどろおどろしい世界かと想像されるかもしれないが、

言っておくがみんなただの男である

女装してたり、裸になって筋肉自慢をするのは一人もいない

 

ホモなんて何処にでもいる、ふつーの男、

このことが、何故か一般の方々には分かってもらえない(涙)

 

たぶん、他の方が見ても、

会社のバーベキューくらいにしか見えないと思われる

あくまで多分、だけどさ(笑)

みんなでよく笑い、よく食べ、よく飲んだ

 

ホモの世界を生きてて楽しいと思うのは、

こうした機会がたびたびあって、

いろんな世代の方、職種の方と知り合いになれることだ

そしてみんな底抜けに明るいから、

本当に元気をわけてもらえる

 

ホモって生きづらいと思ってる方も多いかもしれないけれど、

実際は本当に楽しい世界

悩んでる子たちは、活動家の言い分を鵜呑みにせず、

是非気づいてほしいとオジサンは願っている

 

帰り道、

「◯◯くん、可愛かったなあ。彼氏がいるのが残念だ」

私が正直に言ったら、

旦那の無言のパンチが腹に食い込んだ