うちの旦那はオネエさま

地方在住、ホモのひとりごと

雪、雪、雪、

同性愛や性同一性障害など、性的少数者(LGBT)への理解や認知度向上を目指す県内初のNPO法人「RAINBOW茨城」が発足した。講演会や交流会の開催を通し、企業や行政、教育現場などを中心に理解を促していく。創設した滑川友里さん(31)は「正しく知って、当事者の思いが尊重される地域にしたい」と目標を語った。

NPO法人は、水戸市出身で自身もレズビアンを公言している滑川さんを中心に昨年11月、同市五軒町のみと文化交流プラザを拠点に会員10人で発足させた。12日には同市中央の市役所臨時庁舎を訪れ、高橋靖市長に設立を報告するとともに、行政の理解を求めた。

主に交流会や講演会の開催を通してLGBT当事者の存在や考え方を周知、理解を促す活動を手掛けていく。将来的には、当事者からの相談に応じる態勢も整えたい考えだ。

滑川さんはレズビアンを公言したことで、周囲から「変人」と指摘されるなどの偏見に悩まされてきた。介護士としての仕事の傍ら、講演活動に取り組んできたものの、「個人の力では限界」を感じたことから、NPO法人として活動をスタートさせことにした。

滑川さんは「地域によって理解の差もあるが、レズビアンやゲイだと公言する自由が奪われていると感じている。カミングアウトをするか、しないかの選択を、恐れず自由にできる地域にしたい」と話す。特に、思春期を迎える中高生に対し「教育現場では先生の正しい知識が必要。行政の力を借りたい」と支援を訴えた。

高橋靖市長は「これまでに市職員向け研修など行い、理解を促す取り組みを進めてきた。ぜひ、社会の価値観を変える活動にしてほしい」とNPO法人の設立に期待を込めた。【茨城新聞

 

いろんな方が次々現れるものだと関心する今日この頃

 

以前にも書いたけど

やっぱりよく分からないのが「正しく知って」の部分よな

この滑川さんのいう「正しい」って何なんだろ

 

ホモは男が好きな男、

レズビアンは女性が好きな女性、

はっきりしてるのってこれくらいだと思うのよな

 

毎日新聞の記事によると、滑川さんは高校の教職員を対象とした研修会で以下のようなお話をされている

 

県立那珂高校(那珂市後台)は21日、レズビアンを公表している女性を講師に招き、LGBT性的少数者に関する教職員の研修会を開いた。講師の介護福祉士、滑川友理さん(30)=水戸市=は「左利きの人の割合と同じくらい性的少数者はいる。存在を否定せず、当たり前の存在として接してほしい」と訴えた。

研修会は、同校の石井孝校長(58)が昨年9月、県高校長の人権研修会で滑川さんの講演を聞いたことがきっかけ。同校教諭ら約30人が参加した。

滑川さんは、学生時代に受けた保健体育の授業で避妊の話が出て、疎外感を味わった経験を明かし、「レズビアンである私は居場所が無い気がした。『異性愛者の場合は』とひと言言ってくれれば、気持ちは楽になったのに」と振り返った。

また友人の性的少数者自死した経験から、「先生たちは子どもたちが発するわずかなサインに気付いてほしい」と理解を求めた。

 

>「左利きの人の割合と同じくらい性的少数者はいる」

 

これもまた、活動家の方々がよく口にする言葉だ

 

私も親にカミングアウトした時、

同じことを言った

「これくらいの数の人がいるンだ。決して珍しいことじゃない」って

 

でも、今にして思うのは、

別に同性愛者が何人いようと、何%いようと、

そんなの関係ないってことよな

 

実はもっと多いのかもしれないし、

実はもっと少ないのかもしれない

 

どこでどんな調査をやって、そんな数字を引っ張り出してきているのか、

私にはさっぱり分からない

性に関するアンケートがまわってきて、

みんなまともに答えるものなんだろうか?

 

同性愛者は自死率が高い、なんて話もよく聞く

 

けど、私は普段から新聞記事なんかをこまめに見ているつもりでいるが、

日本において「同性愛を苦にした自殺」なんていう記事を見たことがない

 

一橋大学の学生の件があるではないか、

なんていう方もいるかもしれないが、

彼はあくまで「転落死」したわけであり、

「同性愛者であることをアウティングされたことを苦にした自殺」

と断定されている話ではないと思うのよな

 

いったい何を根拠に同性愛者は自死率が高いなどと言っているのか、

活動家の皆様方には是非教えて頂きたい点である

 

レズビアンやゲイだと公言する自由が奪われていると感じている

 

別にカミングアウトしたければすればいい(笑)

 

>カミングアウトをするか、しないかの選択を、恐れず自由にできる地域に

 

性に関するカミングアウトなんていちいち人にすることではない

 

だいたい、

カミングアウトしようとする相手のことを、

あなたはどれほど知ってる???

 

どんなに仲のいい親友であれ、

きょうだいであれど

親子であれど

同僚であれど

仲間であれど、

 

冷静に考えてみれば、

今からカミングアウトしようとする相手がどんな性癖を持っているかなんて、

実は全然知らないことだと思うのよな

 

相手のこともよく分かっていないのに、

何でいちいち自分が同性愛者であることを告げる必要があるのか、

今一度冷静に考えてみる必要があると思われる

 

「俺、毎晩ヨメさん(彼女)とセックスしてるぞ」

「毎晩オナニーがやめられない」

10代の子が言うならまだしも、

20代、30代のまっとうな社会人ならいちいちそんなことは言わないと思う

言ってる奴もたまにいるが、

たいがいどうしようもない連中である(笑)

 

性に関することなんて秘め事でいいのである

 

いい加減に同性愛者がカミングアウトしやすいように云々なんていうのは

おかしなことであるということに気づいてほしいと

切に願っている

 

 

 

年が明けてから旦那と私が暮らす街も

すっかり「雪国」らしくなってきた

 

ここ数年、除雪らしい除雪なんてほとんどしていなかったが、

今年はそうもいかない

 

ただ、私は除雪という作業が嫌いではない

むしろ「好き」と言っていい

2、3時間、延々とやっても苦にならない

仕事がないなら丸一日やっていてもいい

 

「除雪が好き」なんて言うと職場でも笑われるのだけど、

私の場合、もともとこの地で生まれた方や、

旦那みたく仕事で仕方なくこの地に来た人間とは根本的に違って、

雪のない地から雪のある地に自分で進んで来てるもので、

雪そのものが嫌いではない、という部分もある

 

我が家の隣の駐車場の主はわりとイケメンの若パパなので、

ついでにサービスしてやってあげる

さらにその隣も愛想のいい若パパなもんで、

やはりついでにサービスしてやってあげる(笑)

我が家は世帯向けのアパートなんで、各世帯2台ずつ駐車できるから、

6台分、プラス道路までの部分となるが何てことはない

 

若パパに「すみません」なんて感謝されるし、

除雪の後のビールは美味しいし、

適度な筋トレにもなるし、

いいことづくめ、といっていい

 

雪、雪、フレフレ、もっとフレ〜♪♪

 

私は日々そう口ずさんでいるが、

大雪のピークは過ぎたようだ

 

私にはそれが残念で仕方ない

 

追伸

後に悪夢と化す(涙)