うちの旦那はオネエさま

地方在住、ホモのひとりごと

たまにはのんびり一人旅

豊田真由子さん、えらい盛り上がってるな(笑)

 

f:id:gayyanenn:20170625153626j:plain

(画像はネットより拝借)

 

私は18の時から社会人やってるけど、

最初の職場に似たような女性がいたことを思い出す

 

当時30過ぎの独身女性だったけど、

大人しい時は「◯◯くーん」てな感じで猫なで声、

でもプツッと切れると、

私たち従業員に対しても、お客さんに対しても(笑)

まさに豊田真由子さんみたくブチ切れまくってた

 

最終的に秋だったか、その女性は職場を去ることになったのだけど、

その時、別の職場に出向してた男の先輩が帰ってきた

すると、こともあろうにこの2人が恋仲に落ちた

 

私たちは先輩に「あの女性だけはやめておいた方がいい」と、

みんなでひたすら説得にあたった

「先輩はあの女性の恐ろしさを知らないのです」

すると先輩はこう言った

「お前らにオレのシアワセを邪魔する権利はねえ!」

 

それを言われると、私たちにはどうしようもない

先輩は職場の誰ひとり結婚式に呼ぶことなく、

女性と結婚した

 

結婚して1週間後、先輩は

「お前の言うこと聞いとけばよかったよ」とポツリと言った

 

その後、女性は先輩の貯金をごっそりおろし、

ピースボートで世界一周の旅にでちゃいましたとさ、

ちゃん、ちゃん(笑)

 

以前世話になってたレタス農家の奥さんもこんな感じだったな

 

まあ、よくぞ飽きぬと思うほどに、

旦那や私たちバイトにキレまくる

旦那や私たちにレタス投げつけるなんて日常茶飯事

 

私は半年の辛抱だと思ってお勤めを全うしたけど、

来るバイト来るバイトみんな続かなくて、

ことごとく夜逃げしていった

 

前の会社にも、その人は男だったけど、

やっぱり似たような上司がいたわな

気に食わない部下を

(私には両方上司だったけど)

見境なく首根っこ掴んで罵倒しまくり

パワハラなんて言葉一切関係なし

 

この3人に共通してるのは、

普段は至って大人しい、ということか

わりと人当たりもいいのだ

けど、プツッと切れちゃうと、見境がつかなくなる

そんでもって、その後も驚くほど「ケロッ」としているのだ

 

豊田さんも案外そんなタイプだったのかな、

なんてことも思う

 

で、すっかり悪人にされてしまった豊田さんであるが、

よく分からんのがこの秘書の方よな

 

暴力まで受けて、

その様子を録音しているなら警察に行けばいいだけの話しだ

ついでに言えばこの豊田さんがキレた要因も、

バースデーカードの宛名を間違えたとか、そういったことよな

 

豊田さんは普段から言動に問題があったのは事実だと思う

(以前にも園遊会で問題を起こしてるらしいし)

でもって日頃から豊田さんを恨んでいたこの秘書が、

わざとやらかして豊田さんを怒らせたんじゃないか、

そんなことを考える

 

「もうすみません」なんて言いながら、

内心ほくそ笑んでいたのではなかろうか

 

結果的にこの秘書は警察ではなくマスコミにこの録音を渡し、

豊田さんは離党に追い込まれた

ついでにこの都議選告示という絶妙なタイミングで

 

豊田さん、あなたは高学歴でエリート街道まっしぐら、

だったかもしれないけれど脇が甘いよ

 

しっかしまあ、一連のこの流れ見てて、

勝手に「オバサン」だと思ってた豊田さんが、

自分より年下だったってことが一番ショックだわ(汗)

 

広告

 

 

金曜の夜、

旦那の「帰るコール」を受けて鶏の唐揚げをつくってたら、

帰宅した旦那が「明日、親来るってさ、面倒くさい」と、

憂鬱な表情を浮かべてた

 

「じゃあ、ホテルだけとってね。◯◯ホテルがいい」

私は唐揚げを2度揚げしながら言った

そのホテルは大学を経営している会社がやっており、

大浴場完備、

その大浴場は部活を終えた学生たちが使用しているという

 

私は考えただけでよだれが出そうになった

 

「残念でした、日帰りだってさ」旦那は言った

本当に残念だわ(涙)

 

しかしながら旦那の実家から我が家まで、

高速をすっ飛ばしてきても片道4時間はかかる訳で、

よくやるわと関心するし、

旦那は「面倒」なんて言うけれど、

ほぼ間違いなく野菜とか食材とかいろいろ持ってきてくれるので、

ありがたい以外の言葉が思いつかない

 

別に毎週来てもらってもいいけれど、

なんてことも最近は真剣に思う

 

土曜の朝、私たちは早めに朝食をとると、

部屋掃除をして、私は家を出た

 

四六時中旦那と一緒にいるのだ

私だってたまには一人でぶらぶら旅でもしたい

 

私は電車やバスを乗り継いで、

県内の観光地を回ってみた

あんまり観光地なんて行くことないし、

それはそれで楽しい

 

f:id:gayyanenn:20170625185802j:plain

 

私は一人旅を満喫していた

あとは海の見える温泉でも行って、

ゆっくりお湯につかってビールでも飲んで帰ればそれでいい

 

私はバスを降り、夕暮れの海岸をぶらぶら歩いた

目指す温泉はあと少し

ああ、早くお風呂入ってビール飲みたい!

 

私は温泉にたどりついた

ところがいつも車で溢れかえっている駐車場が、

何だかガランとしている

 

温泉はボイラー工事か何かしらないけれど、

臨時休業だった

 

広告