うちの旦那はオネエさま

地方在住、ホモのひとりごと

「おれもうおまえがゲイであることを隠しておくのはムリだ。ごめん」

同級生に同性愛者であることをアウティング(公表・ばらし)されたことが原因で一橋大学法科大学院生だった長男=当時(25)=が自殺したとして、東海地方に住む両親が同級生と一橋大学を相手取り計300万円の損害賠償を求めている訴訟で、原告側が19日、記者会見を開き、これまでの訴訟で判明した事実や訴訟の進行状況、今後の訴訟方針などを明らかにした。

www.sankei.com

 

私は基本的にカミングアウトを勧めない人間だから、

こんなことが起きちゃうのも時代の流れなのかなあ、

なんていうふうに考えていた

 

けど、この事件、

上記の記事や他の記事を読めば読むほど、

バラしたとされる子がかなり悩み苦しんできたことが分かる

広告

 

www.buzzfeed.com

 

この記事には4人が登場人物として出て来る

自殺したA君

告白されたZ君

共通の友人のBさん(女性)とC君

 

記事だと時系列がわかりづらいので整理してみた

 

A君がLINEでZ君に恋愛感情を打ち上げたのは4月25日なんだけど、

それ以前からZ君はA君の不可解な行動に疑問を感じ、

できるだけ接点をもたないようにしようと思っていた

 

4月2日

Zくんが大学の研究室で勉強していると、Aくんがやってきて、「おれのことで何か悪い点があったとしても、いろいろ言われるのは辛いから、何も言わないでほしい」と泣き出した。Zくんは驚き、「わかった」といって立ち去った。

 

そして4月25日、Z君にA君からLINEでこんなメッセージが届く

「はっきり言うと、俺、好きだ、付き合いたいです」

「ひどい裏切りだと思う」

「ごめん」

「むちゃくちゃ言われてもいいから、返事もらえるとうれしいです」

「本当にごめん」

 

Z君は返事をする前に共通の友人のBさん(女性)に相談した

「他言しない」と約束してもらったうえで、「Aから告白された」と伝えた。

Bさんの意見は「告白が事実なら、友人としては好きだというような返事をするしかない」だった。

 

 女性らしい、まっとうな意見といえる

 そしてZ君はA君に

 こう返事をした

「おう。マジか。正直言うと、びっくりしたわ。Aのことはいい奴だと思うけど、そういう対象としては見れない。付き合うことはできないけど、これからもよき友達でいて欲しい。これがおれの返事だわ」 

 

これに対しA君は「ありがとう」と返事をした上で

「ずっと言おうとおもってて、勇気が出なくてずっと言えなかったんだ」

「俺のこと好きにはならないって頭では分かってても、ちょっとでも可能性ないかと思うとLINEとか送っちゃって、最近はひどかったと思う」

「こんなこと言って申し訳なかった」

「ちゃんと諦めるからまた飯誘ったりとかして気が乗ったら来てくれたら嬉しいす!」

「キモいとか思うんだけど、悲しいけどすげー嬉しかった」

 

 これに対するZ君の返事が以下のようなもの

「いや、全然キモいとかそういうのはないよ。世の中には一定数同性のこと好きになる人はいるわけだから」

「趣味の違いの一種みたいなもんでしょ。そんな自分のこと卑下しないで前向きに趣味の問題くらいに捉えた方がいいと思う。おれはちょっと期待に応えられないけど、今後も同性の人好きになったとしてもあんまり自分のこと責めたりするのは必要ないのではないかとは思うよ。うん。長くなったけどそういう感じで」

 

私にはA君を傷つけないように

細心の注意を払って書いたメッセージであるように思うし、

Z君の誠実な人柄がにじみ出ているように思う

これに対してA君は「救われた」と感謝している

 

翌日、

Z君は共通の友人であるC君に告白されたことを打ち明けたとある

Cくんは、以前からAくんを「ゲイ」と呼んでからかっていた。それを止めさせるためだったと、Zくんは主張している。

ということはA君が同性愛者であったことは、

仲間内では「何となくそれっぽい」と思われていたということか

 

この後は「よき友人」として付き合っていけばよい、

「だけ」の話しだった

しかし実際は違った

Aくんが「普通の友人以上」に連絡などをしてくることが「全く理解できず、大変困惑し、精神的に不安定になり夜眠れなくなっていった」。

 とある

 

「普通の友人以上」とは

・ 「授業までに来なかったら起こして」と頼んだ。

・ 5月中旬、他の友人と一緒にハイキングに行こうと誘った。

・5月18日、友人とラーメン屋に行こうと話していたら、誘ってもいないのについてきた。

・友人と司法試験予備校の講演会に参加しようという話をしていたら、Aくんも行くと言いだした。

・5月下旬以降、学校のラウンジで話しかけてきた。「うん」「そう」と返事をしていたところ、頭を抱えて「うあー」と声を出した。腕の付近に触れてきたので、「触るな」と告げた。

・「今日香水強いかな」と言ってきた。

 

この記事の筆者は「ストーカーのような行為があった訳ではない」として

以上のような実例をあげているが、

私には十分すぎるくらいストーカーのような行為に思えるし

場合によってはZ君が自殺に追い込まれていた可能性だってある

 

いずれにせよZ君はこの2ヵ月間、

悩み、苦しみ続けていた

 

Aくんから連絡が来るたび、「都合が悪い」「昼は買った」「ありがとう」などと、差し障りのない返事をしていた。「連絡しないで」とハッキリ伝えたら、Aくんを傷つけることになると考えていたから。

しかし、交際を断られたのに、それ以前と同じように食事に誘ったり、遊びに行こうと連絡してくるAくんが「全く理解できなかった」。 授業のプレゼン準備中、親しげに話しかけてきたり、腕や肩に触れてきたことも、Zくんは問題視している。

 

Z君はこうも述べている

「実は自分は同性愛者に対し偏見があるからA氏を避けているのではないか、とも考え、A氏を避けている自分に問題があるのではないか、と思って苦しんだこともあった」

結局Zくんは、Aくんを避けるために、友人たちと距離を置くことになった。その理由を友人たちに話せず、孤独感に苛まれていったのだという。

 

そして6月24日を迎えた

 

f:id:gayyanenn:20170421130208j:plain

 ▷http://www.sankei.com/affairs/photos/170419/afr1704190022-p1.html

 

A君が亡くなるのはさらに2ヶ月後の8月24日のことだ

 

私はZ君の書いた文面に以前からめちゃくちゃ違和感があった

何なんだろう、この違和感

 

私も地元の連中がやってるLINEのグループに参加している

とはいえ私は地元を離れているから、

ほぼ見てるだけ、だ

 

盛り上がってくると一晩中やってるから、

めんどくさなって通知がこないようにしている

気づけば未読が100くらいになってることがたびたびある

 

そこに先日、こんなメッセージが書き込まれていた

「もっちゃん、明日6時駅前な」

 

その後続いたのはこんな内容

「もっちゃんって誰やねん」

「あ、間違えた、ごめん会社の奴」

 

そこで思ったのが、

Z君、

このメッセージを、

A君個人宛てのLINEに送ったつもりだったんじゃなかろうか、

ってことだ

 

それを誤ってグループの方に送信してしまった

 

無論、単なる私の推測だ

 

このやりとりを見てる限り、

飲み会が食事会でもやろう、

そんな内容だったのだろう

  

いずれにせよ私には

このZ君のメッセージには

「バラしてやる」なんていう悪意を一切感じない

 

もし「バラす」とかそんな思いがあるなら

「Aはゲイだ。みんな気をつけろ」

とか、そういった文面になるのではなかろうか

  

しかし違うよな

「おれもうおまえがゲイであることを隠しておくのはムリだ。ごめん」

 

私は何度も何度も読み返してみた

 

何度読んでもA君に対するメッセージにしか受け取れない

 

むしろ

「もう勘弁してくれ!」っていう心の叫びに見える

 

 

もう1点思ったことはこれって

A君の遺族が提供した

A君のスマホ画面ってことよな

(間違ってたらごめんなさい)

 

この画面をよくよく見れば

6月24日の前日にもA君は何か書き込んでいる

切れてるけど右上に枠がみえる

 

それに対する答えが

6月24日12時32分の

「おれもうおまえがゲイであることを隠しておくのはムリだ。ごめん」

ってことになる

 

どうもこのメッセージが一番上に来てるもので、

みんなが盛り上がってる中でZ君がこんな書き込みをしたのかな、

そう思っていたけれど、

24日の前日の最後のメッセージもA君だったとすれば、

9人いるとかいうこのグループの

他の7人の存在がさっぱり見えてこないといえないか

(追記、よく見たらもう1人はスタンプ送ってますな、ずいぶん陽気な感じの)

 

前日にA君が何らかのメッセージを送信した

それに対するZ君の答えが

「おれもうおまえがゲイであることを隠しておくのはムリだ。ごめん」

ていう流れになるよね

 

さらにこれに対して周囲は何ら反応せず

A君は

「たとえそうだとして何かある?笑」

「これ憲法同性愛者の人権くるんじゃね笑」

と書き込んでいる

 

ちょっと強気というか開き直ってる印象すらある

このメッセージに 

「既読」こそつけどやっぱり反応がない

 

さらにA君はその後も

「◯◯も行くよー!」なる書き込みをしている

(これもA君の書き込みってことよね?右側にあるってことは)

 

やはり他のメンバーの反応を感じない

 

私が一切LINEのグループにメッセージを寄せないように、

このグループももはやA君とZ君の

1対1のやりとりになっていたのではなかろうか

 

そうだとすれば、

Z君がA君宛のLINEだと勘違いして、

「おれもうおまえがゲイであることを隠しておくのはムリだ。ごめん」

こんなメッセージを書き込んだのもしっくりくる

 

大事なのはどんなメッセージに対する答えが

「おれもうおまえがゲイであることを隠しておくのはムリだ。ごめん」

だったのか、だ

 

私にはとんでもない印象操作であるような気がして仕方ない

この画面だけを見ていると

まさに突如として「バラした」って感じになってしまう

 

少なくともA君の何らかのメッセージに対し、

Z君は12時間以上の間を置いて

「おれもうおまえがゲイであることを隠しておくのはムリだ。ごめん」

と書いているのだ

 

手前のA君のメッセージも出ていれば、

このLINEのやりとりに対する印象は大きく変わってくるだろう

 

印象操作という点でもう1点、

この記事の最初には

同級生に「あいつはゲイだ」とバラされた一橋大ロースクールの学生Aくん(当時25歳)が、苦しみ抜いた末、昨年8月24日に校舎6階から落ちて亡くなった。 

とあるが、

どこをどう探してもZ君は「あいつはゲイだ」なんて言っていない

産経の記事をみてもそんな悪意に満ちた言葉はでてこない

 

あくまで

「おれもうおまえがゲイであることを隠しておくのはムリだ。ごめん」

 

この筆者の方がA君の遺族を取材して書かれた以下の記事

www.buzzfeed.com

 

この記事も書き出しはこう始まる

最高に信頼していた。そして、好きだと告げた。その同級生に「あいつはゲイだ」とLINEで言いふらされた。一橋大学のロースクールに通っていたAくんは苦悩の末、校舎6階から落ちて亡くなった。Aくんは25年の人生をどう過ごしたのか。なぜこの事件が裁判にまでなったのか。遺族に思いを聞いた。 

 

やはり 完全な印象操作、ではなかろうか

 

広告

 

 

結局のところ

A君はZ君に告白して、

どうなることを期待していたのだろう

 

私は1人のホモとしてそのあたりが分からない

「カミングアウト」だけならまだしも

「好き」とまで言ってしまった

 

多くのホモだって女性に告白されたらとまどうだろう

多くのレズビアンだって男性に告白されたらとまどうだろう

 

ノンケが男性に告白されればとまどうのは当然のことだ

女性がレズビアンに告白されても当然とまどうだろう

 

A君、Z君って本当に魅力的な男だったんだろうね

もし私があなたのすぐそばにいて、

Z君の写真でも見せてもらえば

「わー、いい男!!」ってきっと一緒にはしゃいでいたと思う

 

これまでの文面を見る限り、

まちがいなくZ君は誠実な男だろう

そして私はこうとも言うだろう

「ノンケに恋するなんて無駄よ」って

 

似たような経験をしてきた者として、

多くの失敗談を笑いながら話してあげることができたと思う

この場じゃ書けないような恥ずかしい話、

私にはくさるほどある

 

そんな話を聞けば、

きっとあなたは

「こんなどうしようもないおっさんでも色々あったんだなあ、おれも明日から前向きに生きよう」

そんな気にもなっただろうと思う

 

でも残念ながらあなたは「転落死」してしまった

事故だったのか自殺だったのかは分からない

 

色んな馬鹿話をしてあげることができないのが

つくづく残念でならない