うちの旦那はオネエさま

地方在住、ホモのひとりごと

ホモとオネエと恵方巻き

人事院は今年から、省庁でのセクハラ防止に関する規則の運用通知を改め、LGBTなど性的少数者に関する偏見に基づく言動やからかいもセクハラに当たると明記した。

「同性愛者は気持ち悪い」「おとこおんな」などの差別的発言もセクハラとされる。国家公務員の一般職約28万人が対象で、違反すれば懲戒などの処分対象となる。

規則は新たに「性的指向性自認に関する偏見に基づく言動」がセクハラに当たると定めた。当事者団体によると、独身者に「結婚しないなんて、こっち(同性愛)じゃないの」と言ったり、言動などから本人の自認する性別とは違う性別としてからかったりすることもセクハラになるという。

人事院は「以前からセクハラと理解していたが、性的少数者に関する問題が近年社会課題となり、より明確になるよう追記した」としている。

厚生労働省が策定する民間企業向けの指針は、性的少数者へのひわいな言動もセクハラとしているが、偏見に基づく言動までは対象に明記していない。

性的少数者差別を禁止する法整備を目指す「LGBT法連合会」には、「職場でカミングアウトしたら『あいつはホモ(レズ)だから気をつけろ』と言いふらされた」「飲み会で上司から『お前はホモか? もっと男らしくしろ』と怒鳴られた」といった声が多数寄せられている。

神谷悠一事務局長は「人事院が差別を許さない姿勢を率先して見せた。地方自治体や民間企業でも同様の対応が求められる」と評価する。【毎日新聞より】

 

いつも思うけど、

職場で同僚や部下に対し

「気持ち悪い」だの「ホモか」だの言う人間なんて、

髪の毛が薄い方や太っている方、

飲み会に付き合わない方に対しても

四六時中口撃しているはずだ

 

苦労しているのは同性愛者だけではない

みんな苦労しているのだ

 

いちいちブームに乗っかってLGBTに対して、

なんていう必要はない

 

こんなの、

誰に対しても、である

人を馬鹿にしないなんて

一社会人として、常識のことである

 

国家公務員のような世界でも、

そんなアホな発言をしている連中がいるのか、

そう考えると暗澹たる気持ちにもなる

 

たいがいの人間は、

思っていても口になんかしないものだ

それがオトナであり、

社会人つうものではないか

それができない人間なんて、

単なるクズであり、害虫そのものである

 

ま、政治家にも多いけど(笑)

 

何度も書くが、

人に対して「気持ち悪い」と発する奴なんて

ほぼ100%性格の悪さがにじみ出た顔をしているし、

何より当人が周囲から

気持ち悪がられたり、

嫌われたりしていることに

何一つ気づいていない気の毒な方々である

 

そんな人間に給料払うくらいなら、

早々に駆除してやるに限る

お金の無駄である

 

まして国家公務員、税金の無駄である

こんなアホな人間に、

貴重な税金を1円たりとも使って欲しくない

 

広告

 

気づけば今年も2月に入ってた

 

私はあんまりクリスマスとか、

バレンタインとかハロウィンとか、

そうした行事にほぼ興味がないのだが、

旦那は案外気にすると言うか

きっちりしてると言うか、

毎年節分には「恵方巻き」を買ってくる

 

そして、旦那には申し訳ないのだが、

そのたび私は憂鬱になる

 

  

私は若かりし頃、

回転寿司店で働いていたことがあるのだが、

そもそも「恵方巻き」なんて知らなかった

「おまえ、関西出身じゃないの?」

なんて言われたが知らないものは知らない

 

そしてこのお店、

1年で最大の売上を誇るのがお正月でも盆でもなく

この節分の日だった

 

あまりはっきり覚えてないけれど、

1本1000円の「上巻」が1000本以上売れてたんじゃないかと思う

これにプラスしてお手頃価格の「太巻き」や「サラダ巻き」も、

相当数売っていた記憶がある

 

何が悲惨って、ゴハンを炊くことで、

そのお店なんて5升釜が1台しかなかったから、

下っ端の私はほぼ徹夜でひたすらゴハンを炊き続け、

寿司酢を混ぜてシャリに仕上げ、

コンテナを山積みにする作業を行っていた

狭い厨房はコンテナで埋め尽くされた

 

そのシャリがみるみるうちになくなっていくのだ

私は恐怖以外の何物でもなかった

「おい、シャリまだか!」なんて先輩方に怒鳴られた

そんなことを言われても、

ゴハンが炊ける時間なんて決まっているのだ

 

その結果、

私は太巻き恐怖症になった

もう見るのも嫌だ

スーパーに並んでいるのを見ただけで

背筋が寒くなり、目をそむける

 

けど、旦那は毎年買ってくる

会社で付き合いのある方から頼まれるそうな

その分1品減らせるから、

恐怖症であることは口にせず我慢して食べていた

 

ところが今年は

「頼まれなかった」と言う

私は内心小躍りしていた

やっと太巻きの悪夢から解放される!!

 

私はイワシを焼き、

春雨サラダを作り、

大根とツナ缶の煮物を仕上げて旦那の帰りを待った

 

帰宅した旦那は、

コンビニの袋をぶら下げていた

まさかと思ったら、

中には「太巻き」が入っていた

わざわざ帰り道に買ってきたらしい

 

旦那はスマホで今年の恵方である

北北西を調べ、

「さ、食べよう」と巨大な太巻きを出してくる

私は普段、夜にお米を食べないから、

太巻きを見ただけでげっぷが出そうになった

 

さらに我が家の場合、

北北西の位置には姿見がある

 

部屋の中でホモとオネエが無言で

太巻きをほおばるなんていう姿は

ある意味おどろおどろしく、

絶対に人には見せたくない光景、と言えた

 

こんな寿司屋とコンビニの策略みたいな風習、

とっととなくなって欲しいと切に願っている

 

広告