うちの旦那はオネエさま

地方在住、ホモのひとりごと

朝からホモのひとりごと

起きたら4時。

やーねー。こんな時間に目が覚めちゃうなんて。

年かしら。

 

 

まだ寝ぼけてるけど

何か書いてみようかな。

いつも以上に支離滅裂な内容になると思うけど。

 

舛添さん、ついに辞任しちゃったわね。

最後は挨拶もせずに退庁。

あわれな末路ね。

今後どうやって生きていくのかしら。

 

辞めさすのは簡単だけど、

本当に次は誰がやるのかしら。

宇都宮健児さんに蓮舫さん、マック赤坂さん、、、、

 

驚いたのは前在特会会長の桜井誠さんが出馬を表明したことね。

在日特権を許さない」

その主張はわかるけど、

ヘイトスピーチ対策法なんていう

悪法が成立するきっかけとなった張本人だと思う。

 

その結果、守られるのは「在日」の方々なのよね。

 

すんごい不思議。

ま、桜井さん、頑張ってみてよ。

お手並み拝見だわ。

 

それにしても

次の都知事選も「選びようのない」選挙になるンでしょうね。

何だか来年の今頃には

「舛添さんの方がよかった」

なんて声が上がってそうな気もするわ(笑)

 

桜井さんで思い出したから、

ちょっとヘイトスピーチ対策法もみてみようかな。

 

人権や国籍などの差別をあおるヘイトスピーチ(憎悪表現)の対策法が24日の衆院本会議で、与党と民進党などの賛成多数で可決、成立した。ヘイトスピーチ防止に向けた啓発・教育活動や、被害者向けの相談体制の拡充などが柱で、罰則は設けていない。

同法の原案は与党が提出し、審議段階で野党の主張を取り入れて一部修正した。ヘイトスピーチの定義について、「外国出身者に対し、危害を加える旨を告知し、著しく侮蔑するなど、地域社会から排除することを扇動する不当な差別的言動」としている。

民進党など野党側は、ヘイトスピーチの禁止も定めるよう求めたが、今回は見送られた。ただ、同法の付則では「差別的言動の実態を勘案し、検討を加える」と明記し、将来の見直しの余地を残した。 (時事通信より)

ヘイトスピーチ

手元の辞書でひいたらこうあった。

hate speech

憎悪に基づく言論。とりわけ人種民族宗教セクシュアリティーなどに対する偏見や差別に基づくものをさす。

 

本来なら憎悪に基づく言論全般が「ヘイトスピーチ」なんだろうけど、

訳がわからないのがこの法律の正式名称が

 「本邦外出身者に対する不当な差別的言動の解消に向けた取組の推進に関する法律」

 と、あることで、

あくまで在日の方を守るための法律なのよね。

 

要するに大前提が日本人を加害者と想定して、

外国の方の悪口を言っちゃいけません、

てことよね。

 

日本にいる外国の方が

「あの方の発言で傷つけられた」なんて言えば、

それがヘイトスピーチになってしまう。

 

「差別だ」と言われれば、

それが「差別」になってしまう。

 

ただ、よくよくこの法律を衆議院のサイトで確認してみたら、

本邦外出身者についてはこう定義してある。

第二条 この法律において「本邦外出身者に対する不当な差別的言動」とは、専ら本邦の域外にある国若しくは地域の出身である者又はその子孫であって適法に居住するもの(以下この条において「本邦外出身者」という。)に対する差別的意識を助長し又は誘発する目的で公然とその生命、身体、自由、名誉又は財産に危害を加える旨を告知するなど、本邦の域外にある国又は地域の出身であることを理由として、本邦外出身者を地域社会から排除することを煽動する不当な差別的言動をいう。

●本邦外出身者に対する不当な差別的言動の解消に向けた取組の推進に関する法律案

 

ポイントは「適法に居住するもの」よね。

結果としてこういった人たちがあぶりだされるのかな。

http://blog-imgs-93.fc2.com/d/e/l/deliciousicecoffee/20160620075549b15.jpg

この方なんて「適法に居住」してる方なのかしら。

日本国旗にバッテンつけるなんて一体何様よ。

少なくとも日本人じゃないことだけは確かみたいね。

 

これは「韓国の日本大使館前にある売春婦像を撤去せよ」という、

ごくまともなことを主張しているデモの前に現れた輩とのこと。

 

http://blog-imgs-93.fc2.com/d/e/l/deliciousicecoffee/20160620081952cfe.jpg

上記の画像2点は「正しい歴史認識」さんより拝借。

 

中指なんかたてちゃって下品な人たちよね。

是非こういった方々の身元をちゃんと特定して頂きたいものだわ。

日本のLGBT対策に難癖つけてるヒューマン・ライツ・ウォッチ

土井香苗さんの旦那さんもこの方々のお仲間なのよね。

 

考えてみればこうやって実際に

「それはヘイトスピーチだ!」

なんて言い出す方々なんて

ごく一部の活動家と怪しげな政治家に限られるような気がする。

 

李明博竹島不法上陸、 

一連の朴槿恵の発言、

従軍慰安婦を名乗る単なる売春婦など、

これだけ日本中で嫌韓の雰囲気が高まる中、

通名使っておとなしく生活をしている在日韓国人の方々が、

わざわざ在日であることをカミングアウトするとは思えないし、

本国における反日活動を訝しく感じている方も

多々いると、信じたい。

 

結局、ヘイトスピーチ防止法なんて、

フツーに日本で生活してる在日の方が、

息苦しくなるだけの法律なんだろうって思う。

日本人にとっても在日の方にとっても、

何一つ利点がある法律だとは思えない。

 

いったいこの国の国会議員どもは、

誰のために仕事をしているんでしょ。

 

なーんか最近は選挙前に話題にすらなかったような法案が

ポンポン可決してるような気がするのよね。

 

このヘイトスピーチ法案にマニフェストで触れてたのは民主党

ま、日本を貶めることしか考えていないンだから

当然といえば当然か。

18歳選挙権なんて何処も言ってなかったような気がするのは

私だけ?

 

2014年の選挙公約

自民党

http://jimin.ncss.nifty.com/2014/political_promise/sen_shu47_summary.pdf

民主党

https://www.dpj.or.jp/global/downloads/manifesto20141202.pdf

共産党

http://www.jcp.or.jp/web_policy/html/2014-sousenkyo.html

 

で、自民も民主(民進)も拉致問題解決のために何かやったの?

議員定数削減に向けて何かやったの?

最近の国会なんて茶番にしか見えないわ。

 

こいつら全員詐欺罪で訴えてもいいと思うレベルだと思うンだけど、

そういうことって出来ないのかな。

 

さらにこの国の馬鹿な国会議員はさらにLGBT差別防止法なんていう、

とんでもない悪法を成立させようとしているのよね。

 

このLGBT差別法の恐ろしいところは、

LGBTそのものに、

ちゃんとした定義がないことよね。

 

さっきのヘイトスピーチ法には

この法律において「本邦外出身者に対する不当な差別的言動」とは、専ら本邦の域外にある国若しくは地域の出身である者又はその子孫であって適法に居住するもの

 ってあるけど、

LGBTの場合、どう記されるンだろ。

 

例えば障害者の方に対する差別をやめよう、

なんていうのは昔から言われてきたし、

時代とともに法整備も進んできた。

 

障害者の方々の中には、

見た目で分かる方もいれば、

障害者手帳を提示するまで分からない方もいる。

けど、必ず障害者であるという定義がある。

障害者基本法(昭和45年法律第84号)

(定義)

第二条 この法律において「障害者」とは、身体障害、知的障害又は精神障害(以下「障害」と総称する。)があるため、継続的に日常生活又は社会生活に相当な制限を受ける者をいう。

障害者自立支援法(平成17年法律第123号)

(定義)

第四条 この法律において「障害者」とは、身体障害者福祉法第四条に規定する身体障害 者、知的障害者福祉法にいう知的障害者のうち十八歳以上である者及び精神保健及び精 神障害者福祉に関する法律第五条に規定する精神障害者知的障害者福祉法 にいう知的 障害者を除く。以下「精神障害者」という。)のうち十八歳以上である者をいう。(厚生労働省の資料より)

 

こうして障害者であることを認定されれば、

税金の控除や公的給付を受けることができる。

障害者の方には法律的な定義が存在するのよね。

第三者が障害者であると認める必要がある。

  

なら、LGBTはどうなのって話。

LGBT差別防止法の言う

LGBTって、誰のことなの?

 

今更だけど、

コトバンクに出ていた人事労務用語辞典の解説を見てみる。

LGBT」とは、同性愛のLesbian(レズビアン)とGay(ゲイ)、両性愛のBisexual(バイセクシュアル)、出生時に法律的/社会的に定められた自らの性別に違和感を持つTransgender(トランスジェンダー)の総称で、それぞれの頭文字をつなげた略語です。

日本語ではしばしば、LGBTを含めた性的マイノリティー(性的少数者)全体を指す用語としても使われます。近年は一部の先進企業を中心に、性的指向による差別を禁じる社内規定を設けたり、性的少数者向けの就職説明会を開いたりするなど、LGBT人材が働きやすい職場づくりに取り組む動きも徐々に広がり始めています。 

 

私は以前から書いてるンだけど、

LGBTの中でも、

「T」トランスジェンダーの方に関しては支援が必要だと思っている。

でもLGBに関しては不要でしょ。 

 

日本で「LGBT差別禁止法」を推進する

LGBT法連合会は

性的指向および性自認を理由とするわたしたちが社会で直面する困難のリスト」

として264もの項目を上げているのよね。

http://lgbtetc.jp/pdf/list_20150830.pdf

 

こんなの他人事だと思ってる方こそ、

是非ご一読いただきたいわ。

リストになってるからわりとサラッと読めるから。

そして是非、背筋が寒くなる感覚を味わって欲しい。

 

この264の項目が

LGBT差別禁止法」のいう「差別」にあたるとしたら、

本当に企業も学校もエライこっちゃになると思うのよ。

 

一部、就労のところから抜粋するわ。

  • 性的指向性自認を理由にするいじめ・ハラスメントにより、転職を重ねた結果、非正規雇用につかざるを得ず、経済的な困窮につながった。
  • 教員採用試験の適性試験において、性別の質問に「同性に惹かれることはあるか」「女性に生まれたかったか」などの質問項目があり、回答することに精神的苦痛を感じ、マイナス評価へつながった。
  • 営業職を希望していたが、「オカマっぽい人に営業をやらせられない」と言われ、業務内容を制限された。
  • 性的指向性自認を理由にするいじめ・ハラスメントにより休職・辞職からの復帰に繋がる支援を受けることができなかった。
  • 就職活動の際、結婚などの話題から性的指向性自認をカミングアウトしたところ、面接を打ち切られた。
  • 望みの性別での就労ができないことから、結果的にいつまでたっても就職がきなかった。
  • 自らの性的指向性自認が非典型であることをオープンにした結果、公務員(とくに教員)の採用試験䛷不当に低い評価を受けた。
  • 性的指向性自認を理由に、解雇や内定取り消しをされたり、辞職を強要された。

  

この264の困難リストを見ても、

トランスジェンダーの方ならそうだろうな、と納得できる。

けど、これが「L・G・B」になると、

何を自分勝手なこと言ってんのさ、にかわる。

 

「L・G・B」と「T」は絶対に別物で、

別に議論すべきなのに、

一律に考えられるのはとんでもない話じゃないの。

 

もし国が「LGBT差別禁止法」なるものを成立させて、

LGBTというだけで何らかの利権が生じるならば、

自称「LGBT」が続出することは容易に想像がつく。

 

だって「LGBT」に関しては

誰だってなれるのよね。

しょせんは自己申告の世界だし。

そう自称すれば良いだけの話。

 

最近よくテレビに出演してるレズビアンの方がいるけど、

彼女たちが本当にレズビアンかどうかなんて、

実際は誰にも分からない。

レズビアンを名乗ってタレント活動をしているだけ、

そんな可能性もゼロではない。

 

言い方を変えれば「売名」のために

レズビアン」を自称してるって可能性だってあるわけだ。

 

だって彼女たちが注目を浴びたのは

女優やタレントとしての実力ではなく

レズビアン」ってことだもんね。 

無論、本当にレズビアンである可能性もあるけど。

 

男だってそう。

「オネエキャラ」の芸能人はわんさといるが、

なら実際にゲイであるのはどれだけいるのよ。

要するに「オネエ」を演じてるだけよね。

 

自称LGBTの活動家だって、

本当にレズビアンなのか、ゲイなのか、

私にはさっぱり分からない。

 

何故なら彼女たち(彼ら)がやってることは

ビジネス=金儲けにすぎないンだもん。

ビジネスのためにLGBTを名乗っている、

ってことだって十分に考えられるのよね。

 

それくらい、

彼女たち(彼ら)の言ってる主張が、

自分の身の回りでホモライフを満喫してる連中と、

あまりにも隔たりがあるのよね。

 

もし国が「LGBT差別防止法」なんて出来ちゃえば、

極端な話だけど次のような話だって出てくると思う。

 

あー、なかなか就職が決まらない。

あ、そうだ、

LGBT差別禁止法ってできたンだっけ。

今度の面接で「僕、ホモなんです」って言ってみよ。

何社か受けてそれで落ちたら

「ホモだから落とされた」って言えばいいだけだもんね。

きっと活動家たちの方も応援してくれる♪

 

 極端な話だけど、

こんな奴が出てきても何らおかしくないと思う。

 

LGBTを守る法律ができることにより、

ひとつでもLGBTである利点が生じれば

当事者でもないのにLGBTを「盾」にする輩は

必ず現れるでしょうね。

 

同性婚だって認めちゃえば、

当事者でない方々が悪事を働くことが

いくらでも想像できる。

 

そういったことが起こることによって、

世間のホモに対する風当たりはきつくなる。

 

LGBT差別禁止法なんて、

まともに生きてるホモが息苦しくなる

とんでもない悪法よ。

単に差別を助長するだけ。

 

考えただけでゾッとするわ。

 

あら、もう6時になる。

お弁当と朝ごはん作らなきゃ。

最近お弁当もネタ切れなのよね、、、、

憂鬱だけど頑張って作ろっと。

 

広告