うちの旦那はオネエさま

地方在住、ホモのひとりごと

共産党・小池晃「安倍首相は子育ての苦労を知らない」

 安倍晋三首相は11日午前の参院本会議で、待機児童の解消に関し「保育所」と答弁すべきところを「保健所」と誤読した。首相は「保育所」と言い直したものの議場が騒然となった。共産党吉良佳子氏の質問への答弁。

これに対し、共産党小池晃政策委員長は11日の記者会見で、「子供を保育所に預けた経験があり、苦労した経験がある、あるいはそういった苦労している人の声に耳を傾けたことがあれば、保育所を保健所と言い間違えることはない」と批判した。

小池氏はこれとは別に「こういう問題で苦労していたら、あまりああいう言い間違いはしない」と語り、「耳を傾けたこと」の部分を省いて首相を重ねて批判した。首相には子供がいない。

小池氏は首相の誤読について「お疲れなのかなあという感じを受けたが、疲れたで済まされる話ではない」と強調。「(待機児童問題について)本当に真剣に向き合う姿勢なのかなという感じがする」と述べた。

同時に「言い間違いだということですぐに訂正したので、これ以上責任を追及することはない。首相にはきちんと答弁していただきたい」と注文を付けた。《産経新聞

 

僕が以前勤務していた会社には

年上の嫁さんをもらう若い子が大勢いた。

共通して言えるのは

わりとみんなしっかり仕事をする子たちで、

体育会系でノリもよく、

後輩たちからの信用も厚い、といったところか。

  

そんな子たちの中にA君という若者がいた。

「あんなババアと結婚してどうするンだよ」

「おまえ騙されてンじゃねえの」

なんてことを言う馬鹿な同僚や上司たちに対しても

「そんなことないっすよー」とニコニコしていた。

 

彼の奥さんはひとまわり年上である。

A君は飲み会なんかあると、

盛り上げ役に徹する男でみんなから可愛がられていた。

 

ひとまわり上の奥さんとの間に起こったできごとを、

彼は面白おかしく喋る。

その話で場は盛り上がる。

先輩たちに馬鹿にされてもニコニコ笑ってる。

 

さて、僕は彼の奥さんと同い年である。

すなわちA君は僕よりひとまわり年下なのであるが、

僕は中途入社なので彼の方が先輩である。

本当に人間としてよくできた奴だなーといつも感心していた。

 

そして二十七、八の若さで家も建てた。

僕は何度も彼に呼ばれて家でお酒を呑んだり、

泊めてもらったりもした。

奥さんは関西の方だったし、

僕も関西人だから話もあったしいつも楽しく過ごさせてもらっていた。

 

そんな二人は結婚して五年、

子供に恵まれずにいた。

不妊治療にも行っていた。

 

再び酒の席である。

子供に恵まれないA君に対し、

上司の一人は「おめーの精子が足りないンじゃねーの」

そんな暴言を発した。

それでもA君は「まー、そうかもしれないっす」と

笑っていた。

A君はトイレに行ってきますと席をたった。

ちょっと間をおいて、

僕もトイレに行った。

けど、トイレにA君の姿はなかった。

 

外を見たらA君がタバコを吸っている様子が見えた。

その宴にはタバコ嫌いの上司もいたので

遠慮していたのだろう。

僕もA君に付き合うかと思い一服がてら外に出た。

 

するとA君は泣いていた。

そして、「ま、酒の席なんで仕方ないっす。気にしてません」

と言った。

その様子を見てたら僕も涙が出た。

 

それからしばらくして会社の喫煙コーナーで、

「かずとさん、できました」

と満面の笑みで奥さんの妊娠を告げてくれた

彼の表情を僕は未だ昨日のことのように覚えている。

「これもやめなきゃなんないですねー」

と名残惜しそうにタバコの煙を吐きながら。

 

広告

 

 

B君は僕の後に中途採用された

僕の数少ない、大事な後輩だった。

正社員になって、奥さんをもらい、家も建てた。

びっくりするくらい立派な家だ。

 

その家には子供部屋が二部屋ある。

けど、B君夫妻は子供を授かっていない。

「今は物置っすよ」とB君は言う。

 

Cは僕の幼なじみだ。

結婚して二十年、やはり子供を授からなかった。

夫婦共働きで嫁さんの実家に暮らしている。

家のローンもないから、

当人は把握してないといいつつもかなりの貯蓄があるらしい。

 

普段から明るい奴であるのだが、

先日帰省した時に飲みに行ったら

「高校出てずっと必死に働いてな、そら金も多少あるけどさ、その使い方が分からないンだよ。残す奴もいないしな」

と珍しく寂しげな声で言った。

 

交代勤務なので嫁さんとの休みは合わない。

まわりの連中との休みも合わない。

 

考えてみれば地元の誰それに子供ができた、

そんな連絡はいつもCからやってくる。

「あいつンとこ3人目できたらしいぞ。祝いがてら帰って来い」

てな感じで。

 

Cは僕の甥っ子たちを随分かわいがってくれる。

子供との接し方なんかを見てると、

本当は父親になりたかったンだなと思うし、

なってれば本当に子煩悩な父親になっていたと思う。

そして、四十を過ぎた今でも父親になりたいのだ。

 

人間、思っていても絶対に口にしてはいけないことってあるはずだ。

それを言う人間は「クズ」である。

f:id:gayyanenn:20160317083024p:plain

共産党小池晃だか知らないけど、

こんな人間が国会議員を名乗り、

多額の税金が支払われているのかと思うと腸が煮えくり返りそうになる。

 

この会見場に子供に恵まれずにいる記者さんはいなかったのだろうか。

僕なら「ふざけんな」と言っちゃいそうである。

 

そもそも子供を授かって「苦労する」なんて発言もおかしい。

 

子供がいないから「苦労を知らない」????

 

ふざけるな。

人間として、同じ日本人であることも腹立たしい。

 

小池さん、僕も父親になりたいンだよ。

でも、同性愛者だと割り切ってるし、

両親にも「孫は見せられない」って言ってる。

 

でも、本当に父親や母親になりたい方は大勢いる。

なりたいけど、なれないのだ。

 

そんな方々が

先日の「日本死ね!!!」ブログの騒動や

今回のあなたの発言をどう捉えると思う?

あなたは安倍首相に噛み付いただけのつもりでいるかもしれないが、

大勢の国民を馬鹿にしてるンだよ。

 

あなたに議員バッジをつけてる価値は一切ない。

国益を損ねる存在だと言っていい。

早急に隠居していただきたいと切に願ってる。

広告