読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うちの旦那はオネエさま

地方在住、ホモのひとりごと

たかが1ポイント、されど1ポイント

我が家では僕が家事全般を担っているので、

一応毎日のようにスーパーかドラッグストアに行く。

スーパーでは野菜や肉、魚などを。

ドラッグストアではその他の食料品やお酒、ジュースなんかを買う。

財布の中にはこの二店だけポイントカードを入れている。

 

まずスーパーに行く。

このスーパーには来店ポイント機があり、

カードを通せばゲームが始まり、

当たり目に応じたポイントが付与される。

 

当然1日1回だ。

残念ながら1ポイント以上もらったことはないが、

1ポイントとはいえ1円になる。

30日通えば30円になる。

多少並んでいても必ず来店ポイント機には寄る。

 

最近気になるのは、

一人で何枚ものポイントカードを通す方がいることだ。

不思議なことに年配の男性が多い。

 

これが1回ごとにゲームが始まるもので、

何枚も通されると時間がかかる。

 

後ろの方が怪訝な顔をしても、

当人は全然気にする様子もなく、

次々とカードを入れていく。

家族の分なのか仲間の分なのか知らない。

 

しかしこれって詐欺みたいなもんじゃないかと最近思う。

 

来店してもいないのに

ポイントを搾取しているようなもんではないか。

たかが1ポイント、されど1ポイント。

店員もみんな見て見ぬふりだ。

不思議である。

広告

 

続いてドラッグストアに行く。

このドラッグストアではマイバッグ持参で1ポイント付与される。

「マイバッグお持ちでしょうか」

「はい」

「ではポイントお付けしまーす」

ピッ、てな感じである。

 

最近よく見受けられるのが、

「マイバッグを持っています」とポイントを付加した後に、

「ねえ、やっぱり袋ちょうだい」

と、平気な顔して言い出すおばさんである。

 

1人や2人ではない。

何人もいる。

店員の子たちもとまどった顔をしつつ、

袋を渡している。

というかあきらかに常習犯なのだ。

 

たかが1ポイント、

されど1ポイント。

当人は何とも思っていないかもしれない。

まわりは誰も気づいていないと思ってるかもしれない。

 

でも悪いが僕は見ている。

見るだけで何だか憂鬱になる。

よし、あと2ポイントで今月もお買い物券ゲットだ。

僕はせっせとポイントを貯め続けている。

広告