読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うちの旦那はオネエさま

地方在住、ホモのひとりごと

間抜けな話

僕が30代前半の頃である。

僕は某運輸業に中途入社して、

窓口で「きっぷ」を売っていた。

 

隣には先輩の女性社員(独身)がいたが、

その日は恐ろしくヒマだった。

僕はパソコンのキーボードが黒ずんでいることが気になって、

ひとつずつキーを外し、

マジックリンで拭くなんてことをやっていた。

 

隣の女性社員はずっと携帯をいじっている。

それくらい、ヒマだった。

広告

 

そんなとき、お客さんが現れた。

思わず「ン?」となった。

四十代の細身の男性だと思う。

しかし、ばっちりとメイクをしていた。

 

恐らく長髪のカツラを被っていた。

服装も女性そのものである。

「◯◯まで一枚」と男性の声で言った。

 

僕はきっぷを発券した。

彼は改札口へ向かった。

 

すると隣にいた女性社員がクスクス笑いながら、

「いやー、あんたよく冷静にいれたねー」 などと言う。

「はあ」とだけ答えて僕は再びキーボードの掃除を始めた。

 

「いやー、絶対にさっきのホモだよねー。 気持ち悪かったー。私はじめて見たよ、 私んところ来たら絶対笑っちゃってダメだったわ」

 

そして彼女はこの光景を誰かに喋りたかったのか、

「ちょっとお願いねー」と言ってその場を出て行った。

改札口から「キャーキャー」という笑い声が聞こえた。

 

さて、

彼女のいう「ホモ」って言葉が同性愛者を指すのであれば、

絶対に、の時点で間違っている。

彼は同性愛者かもしれないし、性同一性障害の可能性もある。

 

女性を愛する男性の中にも女装を楽しむ人はいくらでもいる。

そして「はじめて見た」も間違っている。

 

現にホモである僕はずっと前から彼女の隣にいた。 

 

ホモの視点から見ると、

本当に会社ってところは面白い。

 

もし貴方が同性愛者で、

会社や学校に同性愛者を誹謗中傷する方がいても、

いっさい気にする必要はない。

 

それは

貴方が同性愛者であると気づかれていない証だからだ。

 

それに気づいていてそんなことを言う上司がいるなら、

その会社は腐ってる証であるし、

貴方が居続ける必要もない、ってことですな(笑)

 

広告

 

広告を非表示にする